MENU

男性のプライドを傷つける、NG台詞4選

男性は見た目以上にナイーブで傷つきやすい心を持っています。
こちらが何気なくした言葉に対しても、その状況によっては深く傷付き落ち込んでしまい、最悪別れを切り出させてしまうという事態を呼ぶこともありうるのです。
そうした失態を防ぐ為にも、これだけは男性に言ってはいけない台詞を集めてみました。

 

 

■「ケチな男だね」

 

最近は、デートも割り勘を要求する男性が増えています。
それもそのはず、給与体系に男女差がなくなりつつある今、場合によっては女性が正規雇用で男性がアルバイトだったりと言うケースもあるからです。
また、実家住まいか1人暮らしかによっても経済事情は変わって来ます。
デート代をおごってくれなかったり、またジュース代を出してくれないからといって、ケチだというような台詞を相手に発するのはNGです。
心に留めておき、お金が本当にないのか、それともお金はあるけれど堅実なのかを見極めましょう。

 

 

■「そんなのも出来ないの?」

 

男性だからといって機械やパソコンに強い人ばかりではありません。
むしろ女性であるあなたの方が詳しかった場合、その知識を男性の前でひけらかした上にプライドを傷つけるような発言はNGです。
男性は女性から尊敬されたい生き物です。
小さなことでは、荷物を持ってくれた時に頼もしいという気持ちを伝えるだけで喜びます。
逆に、小馬鹿にされるのを嫌悪します。
上から目線であれこれ物を言う彼女は、次第にうっとおしく職場の上司のような存在となるでしょう。

 

 

■「元彼の時はこうだった」

 

男性は比較されて評価されることを嫌います。
特にその評価で自分が下げられると、途端に自信を失い、次第にその評価を下した人物に対して敵対心を持つようになります。
たとえ、デート内容が元彼より満足のいかないものであっても、それを彼に伝えるのはNGです。
彼に対して不満があるのであれば、過去を引き合いに出すのではなく現状をきちんと見据えた上で、要望をストレートに伝えましょう。
嫌味のように元彼と比較する事によって、願望を成就させようとするのは好ましくありません。

 

 

■「常識がないね」

 

常識がないということは、すなわち「社会に適合出来ていない」ということとイコールです。
彼女から、社会人として不適合だという烙印を押されてしまっては、彼のプライドはずたずたです。
もしも本当に常識がないように思われる行動が多い彼ならば、それとなくあなたがフォローしながら常識ある人間に育ててあげればよいのです。
さりげなく行なうことは、彼への愛の深さ故です。

 

 

■おわりに

 

以上を踏まえると、男性はプライドを傷つけられる言葉に対して過敏に反応することが分かります。
ダメ出しばかりされていてはあなたへの想いも萎えてしまいます。
彼の事が好きなのであれば、あなたがそう言わなくても済むような方向へ導いてあげることも愛情なのです。